~あなたの『理想の未来』を『描き』ませんか?~

みちひらき

保険

あおり運転で大手損保が

更新日:

考え方を変えると貴方にあった方法で、お金の無駄使いなくなります

今回は、ドライブレコーダーについて書かせて頂きます。

保険会社からいろいろなサービスが提供されていますが、最近とある保険会社より、あおり運転にあった場合のサービスが登場することになりましたが、本当に必要でしょうか❓

あおり運転に会う確率

ドライブレコーダーを付ける目的

あおり運転に会った時の対処

ドライブレコーダー取り付け費用と月々のレンタル代

上の4つの内容を再度検討すると現在あおり運転に会う確率は、これだけ話題になると誰もがするのを躊躇してかなり減るでしょう。

また、ドライブレコーダーを付ける目的は、事故発生時の為やドライブ中の映像保存ではないでしょうか?

あおり運転に会った場合は、ドアロックをして窓を閉め相手の車から距離を置いて走行する事が正しいと言われています。いくら保険会社や警察に連絡しても実際の現場には直ぐには駆けつけてはくれません。

最後の取り付け費用は、本人負担でしかも車を変えた時は脱工賃も発生します。保険会社の物は大きいため自動車メーカーの自動停止装置がある車には付かない可能性もあります。レンタル代もあり年間1万円近くなり2年分で360度撮影可能な機種もある事も知って下さい。また、ほかに取り付け条件もありかなり大変かと思います。

以上の事を考慮して考えると少しわかってきます。これは、保険会社が便乗した利益向上の方法である

大手3社は、1社あたり3500万台程度の契約台数の内10万台程度がドライブレコーダーの契約あるとの事です。これを多いか少ないを捉えるのはこれを読んだ方の捉え方です。

また、発表した会社以外は、携帯通信料もかかるそうです。

以上私の私感も入ったものであるますが一度ご検討下さい。

-保険

お問い合わせはこちらから

Copyright© みちひらき , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.